フランチャイズ起業と個人経営、それぞれのメリットを解説

イメージ1

起業を考えている方の中には、どうしたらいいのか分からない、成功できるか不安だと考える方もいるのではないでしょうか。多くの方が起業を考える場合、事業計画を練ったり収益の見込みを立てたりして事業を立ちあげることでしょう。
起業をするにはこれら計画をご自身で考えなくてはならず、漠然と不安を感じるかと思います。その際、フラチャイズでの起業を検討した事がある方もいるのではないでしょうか?
フランチャイズ起業ではフランチャイズ本部と契約を結び、経営ノウハウや商品などの使用権を得る代わりに利益の一部を一定の対価として支払う仕組みとなります。

起業にあたり個人経営での起業とフランチャイズを利用した起業、それぞれにメリットがあります。今回の記事ではこれら2つのメリットご紹介いたします。

個人経営、そのメリットは?

まず個人経営の1つ目のメリットは、とにかく自身で考えたように自由にできるという点があります。
フランチャイズ起業はフランチャイザー(FC本部)と契約することで、多かれ少なかれ何かしら自分だけでは決定できない事が発生します。
しかし個人経営ではそういった制約がなく自身の判断で行えるため、社名やロゴなどのブランドイメージや起業・廃業や移転のタイミングなど、全ての意思決定をご自身で行えます。
ここがフランチャイズ起業とは大きく異なる点で、個人企業のメリットといえます。

イメージ2

そして、2つめのメリットとして、フランチャイズに必要なロイヤリティ(本部に支払うフィー)が存在しめ、売り上げなどから出た収益はそのまま自身(経営者)に入るという点があります。
契約するフランチャイザーによってその額は様々ですが、ロイヤリティはフランチャイズ起業ではほぼ必ずと言って良いほど発生し、経営者からするとその存在有無はとても大きいものになります。

フランチャイズ経営にメリットはあるのか?

それではフランチャイズ起業にメリットはないのでしょうか?
もちろんフランチャイズ起業にもメリットはあります。

そもそもフランチャイズ起業ではその契約形態の通り、フランチャイズ本部の成功のビジネスモデルを提供し、経営が軌道に乗るように支援してくれます。
つまり起業リスクを低減してくれるという点が大きなメリットといえます。 具体的には以下の3点が大きな違いが挙げられます。

FC本部での商品開発

ビジネスを行う場合、その商品がどんなものであれ顧客が欲しいと思う商品を開発しなくては勝ち残れません。フランチャイズを利用しない個人経営の場合、『何を売るか』をご自身で考えられる一方、その商品自体の開発を行わなくてはいけません。
例えば店舗で商品を売るような場合、通常の店舗経営をしながら新しく売れる商品を考えるため、商品開発には大きな労力が必要になります。商品を開発するために企業はマーケティングリサーチやニーズの発掘、技術者や研究者が製品化する、製品化した後はその商品が本当に売れるかどうかのテストを行い『売れる』という実証データを収集する…などたくさんのコストと労力を費やして商品開発を行います。
個人経営の場合はこれらを全て自身で行う必要があります。

イメージ4

一方、フランチャイズではこれらの商品開発を自身で行わずにフランチャイズ本部が開発した商品をそのまま売ることができます。
フランチャイズ本部では、膨大なコストと労力をかけてリサーチ、開発した商品を何種類も売ることができ、さらにシーズナル商品など季節にあった商品など適切なタイミングで顧客のニーズを見落とさずに販売することができます。
特に近年ではコンビニ各社で独自のプライベートブランドに力を入れているため、売れる確率の高い商品をオーナーは労力をかけずに売ることができます。
とある記事で、『商品開発とは「『売れるとあらかじめ分かっている』商品を作ること」』と書かれていましたが、フランチャイズ起業で商品を販売するということはこういった商品を売るということです。

実質的な経営サポート

2つ目は直接的な経営に関する援助が受けられるという点です。
例えば起業をした場合、個人事業主であれ法人であれ確定申告で青色申告が必要になります。
しかし、青色申告の申請が複雑で個人で行う場合は青色申告のためには自身で調べながら帳簿をつけるためとても労力がかかります。
また、確定申告や記帳の代行を税理士にお願いするとなると大きな出費がかかってしまいます。
しかし、多くのフランチャイズでは帳簿をつけるための会計システムを本部が用意しており、フランチャイズ加盟店はそのシステムを利用しつつ帳簿をつけられます。

イメージ4

さらに、フランチャイズ起業では収支の管理だけではなく、日々の店舗運営に関わる支出に対してもサポートをしてもらえます。
例えば多くのフランチャイズでは店舗で使う電気代や水道代などの一部を負担してくれますし、賞味期限や売れなくなってしまった食品などの廃棄でのマイナス分の一部を補填してくれます。
こちらのサポートもフランチャイズ本部によってサポート具合は異なり、例えば、ローソンではオープンから1年間を対象にした商品廃棄ロスの本部負担制度があったり、セブン-イレブンは永続的に一部の金額を負担してくれるなど、フランチャイズ本部によって負担額が異なります、

SV(スーパーバイザー)の存在

イメージ4

最後、3つ目にフランチャイズ経営にはスーパーバイザー(店舗巡回指導員、SV)の存在が挙げられます。
SVはフランチャイズ本部から派遣された社員が定期的に加盟店を訪問し経営指導や相談をしてくれます。
SVは複数の店舗を担当しており店舗経営の経験者です。特に起業したばかりの人にとっては経営の相談ができる重要な存在となります。

SVの役割は新商品の情報や新システムの導入など、最新の情報を伝えるという役割以外にも、そもそも起業したばかりで分からない事だらけのオーナーをサポートしてくれたり、収益性などの財務分析しながら改善提案をしてくれたりと、行き詰まった時に相談できるのがSVとなります。

このSVとの連携度合いはフランチャイズ本部の方針によって異なります。 本部と加盟店の関係が薄いフランチャイザーでは店舗運営などの自由度が比較的高い一方、SVの訪れる頻度が少ない傾向が見られ、一方、本部と加盟店の関係が強いフランチャイザーではSVの訪れる頻度が多く、売り上げ、店舗運営の相談などSVへの相談頻度も多くなります。

イメージ4

オーナー募集説明会などに参加すればSVの関わり方の詳細やSVが店舗に訪れる頻度なども聞くことができます。
本部と密に連携を取りたいか、ある程度距離を置いてやりたいかによりどのフランチャイズザーへ加盟するか検討することが重要ですが、SVとの効果的な連携は店舗経営のための戦略や、戦術を構築し一緒に成し遂げてくれるパートナーです。

最後に

個人経営がよいか、フランチャイズ起業がよいか、どちらにもメリットがあります。
フランチャイズ起業のメリットはサポートがある点ですが、FC本部によってその内容や手厚さといったものが違うのは各FCの特徴や経営スタンスといえるでしょう。ご自身の思い描く経営像や経営での経験値によって適切な方を選びましょう。

おすすめ!特集一覧

コンビニオーナーランキング

フランチャイズの厳選記事

記事一覧をみる>