【解説】オーナー起業の期待や不安をご紹介

イメージ1

もしあなたが、コンビニのフランチャイズ起業を考えていたら、どんな事に期待をしてどんな事に不安や疑問を感じていますか?
そして、その期待や疑問は多くの人も感じている疑問や期待なのでしょうか?

フランチャイズ起業は受験や就職活動などのように一般的ではないため、起業を検討している方が感じる期待や悩みなどを共感する機会が少ないといえるでしょう。
そのため悩みや期待を共感できずに一人で考えこんでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はフランチャイズ起業に興味がある方へのアンケートをもとに、多くの方が気にしているポイントをご紹介します。

【フランチャイズへの期待・不安の1位は?】

まず、多くの人はフランチャイズ側にどんな事を期待しているのでしょうか?
『フランチャイズ本部にどんな事を期待していますか?』という質問では1位の「経営・運営ノウハウ」が31%を占めています。 次いで2位の「失敗したときのセーフティーネット」(23%)、3位の「サポート(電気代や家賃手当など)」(17%)となり、この3つで全体の71%を占めています。

セブン-イレブン図1 セブン-イレブン図1sp

例えば5位の「どれくらい相談に乗ってくれるか」は店舗を担当するSV(スーパーバイザー)によって異なる可能性がありますが、 1位〜3位の「経営ノウハウ」「失敗したときのセーフティーネット」「電気代や家賃手当などのサポート」はフランチャイズ本部が整えている 仕組みといえます。
これらから、多くの方がフランチャイズ本部への仕組みや体制に期待をしていると言えるのではないでしょうか。

一方、期待していることとは逆に、多くの人が不安に感じることは何でしょうか。

セブン-イレブン図2 セブン-イレブン図2sp

『フランチャイズでの起業に不安を感じることは何ですか?』という質問では「成功するかが不安」が39%で1位を占めています。
「起業」という言葉を前にすると、失敗を恐れてしまうのは、当然と言えるため、このような結果になったと考えられます。 続いて2位には「儲からなさそう」が、3位には「軌道に乗るまでどれくらいかかるか」が続き、 1位の漠然とした不安に比べてかなり現実的な内容が見えます。実際にコンビニを経営しようと思い切ったら、 金銭的な面は必ず気になってしまうようです。

一人の経営者になるには、それなりの覚悟を決めて努めていかなければなりません。 コンビニ経営で成功するためには、失敗に陥ってしまう原因を事前に把握して、計画的な準備をしておくことが望ましいといえます。

【不安を解消する方法は?】

では、実際に起業するために不安を解消するためには、何をすればよいのでしょうか?
それは、

①知ること

②本部を選ぶこと

主な解決法としてこの2つが挙げられます。
まず1つめの『知ること』ですが、これは基本的なことながらも、とても重要なことです。
例えばアルバイトでコンビニ店員の業務経験があったとしても、いざ経営となると知らないことがたくさんあります。
この知らないことに対して、多くの人が不安を感じてしまっているのでしょう。
実際に知識不足が失敗に陥りやすいのは言うまでもありません。
なによりもまず情報収集を念入りに行っていくことが重要であるといえます。

不安を解消するには、不安の本質を考える必要があります。
そのために情報収集を通じて、不安の本質を知る必要があります。

イメージ2

そして2つめは、『フランチャイズ本部を選ぶ』ということですが、商品力やノウハウなど、 フランチャイズ本部によって様々な面で違いがあります。自分の不安を解消してくれるフランチャイズ本部はどこなのかを考え、 経営のパートナーとしてしっかりとフランチャイズ本部を選ぶことが不安解消の解決策といえるでしょう。

それでは、どういった面でフランチャイズ本部を選べば良いのでしょうか。
その鍵となるのは、やはりアンケートで期待の大きかった『フランチャイズの持つ体制』といえるでしょう。
経営とは年単位の長い戦いとなります。長期的に一緒に経営をしてくれる相手として、どういったフォローをしてくれるか、 自分に足りないノウハウを教えてくれるか否か、はとても重要な点です。
1位や2位で期待されていた運営・経営ノウハウサポートは体制が整っていればこそ、これらを得られると考えられます。

そこで、多くのフランチャイズの中で最もサポート体制が整っていそうなのはどこでしょうか。
アンケート結果から見てみると、『どのフランチャイズ本部のサポートが手厚いと感じるか』のアンケート結果では、 54%の人がセブン-イレブンのサポート体制が手厚いと答えています。

セブン-イレブン図3 セブン-イレブン図3sp

これは、セブン-イレブンには光熱費サポート80%本部負担や商品廃棄サポート、最低保証制度など、複数のサポート体制が整っているためと言えるでしょう。
また「起業するならどのコンビニを選びますか?」という質問でも店舗数の成長から経営のサポートを感じる意見も見受けられ、経営基盤の面からもセブン-イレブンのサポート体制への期待が伺えます。

しかし、情報収集の重要性でも触れたように、しっかりと情報を集めることは重要です。サポート体制は本部ごとに様々なので、実際に説明会でお話を聞くことをおすすめします。 ネットで調べれば様々な情報が一瞬で集められるメリットはありますが、それらが誤った情報だったり古い情報であったりする可能性もあります。
情報収集の方法として、本部から直接情報を入手できる説明会に参加することは、不安解決の糸口を見つけるための良い方法であるといえるでしょう。

以下のグラフは、フランチャイズ経営の説明会に参加した方の満足度を調査した結果です。

セブン-イレブン図4 セブン-イレブン図4sp

説明会参加者のアンケートによると、約96%の方が満足している傾向が見られたようです。 これは、ネットやパンフレットだけでは得られなかった情報を得られたといえるのではないでしょうか。

説明会に参加したからといってすぐにオーナーとして契約できる訳でもないので、フランチャイズ起業の不安を解消につなげるために、 一度セブン-イレブンの説明会に足を運んでみることを強くおすすめします。

■参考

  • 【調査主体】(株)ウェブツー
  • 【調査方法】インターネットでのアンケート調査
  • 【調査母数】100
  • 【回答数】100
  • ※店舗数は2018年11月末現在の情報です

おすすめ!特集一覧

コンビニオーナーランキング

フランチャイズの厳選記事

記事一覧をみる>