フランチャイズとは?

イメージ1

『フランチャイズ』という言葉をご存じですか? 「コンビニフランチャイズ」「ファーストフードチェーン店」など耳にする機会がありますが、そもそも『フランチャイズ』とはどういうものなのでしょうか。 この記事ではフランチャイズの概要や仕組みをご説明します。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは企業にロイヤリティを支払うことでその企業の持つ商号やノウハウを利用できる事業契約を言います。 ノウハウを持つ企業に対し「ロイヤリティ=加盟店料」を支払うことで提携先の商品やブランド力を利用できます。
権利・商標・サービスといった事業ノウハウを提供する企業を「フランチャイザー」または「本部」と呼ぶのに対し、ノウハウを受ける側の企業を「フランチャイジー」または「加盟店」「加盟社」とも呼ばれます。
フランチャイザーにとっては、自社のみで事業を展開するに比べて、他社の資金や人材を利用することによって、急速な多店舗展開や広範囲に渡って出店することが可能というメリットがあります。 また、フランチャイジーにとっては、既に成功しているビジネスモデルに法って経営をするためノウハウが無くても経営することが可能であり、独自に開業する場合に比べてリスクが低いことがメリットと言えます。

イメージ2

フランチャイズ契約は、フランチャイザーと加盟店が独立した事業者として、締結するものです。加盟をする際には、企業の社員として雇用されるのではなく、独立した事業者としての自覚をもって契約することが望まれます。

失敗しないために

日本フランチャイズチェーン協会が公表しているフランチャイズチェーンの数は、1,000社以上存在しており、その中からご自身に合った本部を選ぶことは大変なことです。 フランチャイズの選び方として、まずはフランチャイズ本部を知ることがとても重要です。
フランチャイズは、一度加入すると継続してビジネスを行っていくため、事業の成長性や本部のサポート体制といった項目も判断基準になります。

イメージ3

雑誌・新聞・インターネット上の情報を開けば、フランチャイズ募集・加盟店募集の広告が多く掲載されていますし、多くのフランチャイズ本部が説明資料を配布したり、加盟希望者との相談を提供する説明会・EXPOといったイベントを開催しています。 また、実際に経営している他の加盟店から情報を入手したり、利益率や経営効率を知ることも重要です。調査をすることで信頼のおける本部か、自分に合った仕事を共同で推進できるかといった判断基準もできるのでしっかり調べましょう。

おすすめ!特集一覧

コンビニオーナーランキング

フランチャイズの厳選記事